医療レーザーで全身脱毛するならライトシェアデュエットがおすすめな理由

医療レーザーでの全身脱毛するならライトシェアデュエットがおすすめ

ライトシェアデュエットとはクリニックなどで使用される医療用のレーザー脱毛器のことです。
種類的にはダイオードレーザーの最新機種という位置づけになります。
全身脱毛に利用することが可能です。
医療用のレーザー脱毛器になるため、使用資格を持たないエステサロンなどでは利用することが出来ません。
医療機関で施術することになりますので技術的にも安心です。

ライトシェアデュエットは全身に使用することが出来る施術方法のため、ワキや腕、足、背中などのほか、顔やうなじ、VIOなどといった比較的デリケートな部分にも利用することが可能です。
また産毛の脱毛にも効果を発揮することが出来ます。
従来のレーザー脱毛器よりもレーザーを発光する部分が広いため、一回で広範囲の施術をすることが可能です。

個人差はありますが、脱毛回数が少なくすむことがあります。
また従来のレーザーの機械よりも、肌にヤケドをしてしまう可能性が低いのもおすすめな理由になります。

医療全身脱毛にライトシェアデュエットを利用するメリット

ライトシェアデュエットを利用するメリットですが、ライトシェアデュエットは冷却しながら全身脱毛をすることが出来ます。
照射ヘッドに冷却装置がついているため、肌を冷やしながら脱毛します。

そのためにヤケドのリスクが少なくて、レーザーによる痛みも少なくなるというメリットがあります。
ヤケドのメリットが少なくなるということで、出力を高くすることができるため、他のレーザー脱毛では苦手としている産毛の脱毛にも効果が高いのが特徴です。
ライトシェアデュエットは皮膚を吸引しながら脱毛をします。
この仕様がレーザーが毛の部分に効率よくあたる仕組みになっています。

従来のレーザーよりも低い出力でも脱毛効果を出すことが出来ます。
脱毛は出力が低いほど痛みも弱くなります。
皮膚が引っ張られる感覚に意識が向いているため、痛みを感じにくくなるというメリットもあります。
ライトシェアデュエットを導入している医療機関も多いため、誰にでも利用しやすい状況になっています。

医療全身脱毛にライトシェアデュエットを利用する場合にかかる料金は?

医療全身脱毛にライトシェアデュエットを利用する場合にかかる料金ですが、正直なところ料金はクリニックによってピンからキリまであります。
あまりにも安いところは技術的に心配な人もいると思います。

しかりあまりにも高いところも予算オーバーになってしまって最後まで通えないと元も子もありません。
医療全身脱毛にかかる平均の金額を調べて、自分の予算と合わせて施術内容や効果に納得できる医療機関に通うことをおすすめします。
全身脱毛8回で月額9,500円(60回払い)の全身脱毛プランなどがあります。

また顔とVIOなしの全身脱毛で、総額298,000円、分割すると月額13,000円(24回払い)などのプランもあります。
顔かVIOありにすると月額15,700円になります。
顔、うなじ、VIOなしの全身脱毛で272,937円というプランもあります。
医療全身脱毛の方がエステサロンよりも安い金額で全身脱毛できることもあります。

医療全身脱毛にライトシェアデュエットを利用する場合に必要な回数は?

医療全身脱毛にライトシェアデュエットを利用する場合に必要な回数ですが、これはムダ毛の個人差などによっても異なります。
一回で終わるようなことはありません。
どんなに少なくとも5回以上は通う必要があります。
全身脱毛コースの中には回数が決まっているコースもあれば、回数が決まっていないコースもあります。
また決まった回数を通っても、完全に脱毛しきれずに追加するということもあります。

参考⇒横浜で医療脱毛するならアリシア一択?リゼや湘南とどっちが安い?

自分のムダ毛の状態に合わせて全身脱毛のコースを選択することが必要です。
ムダ毛の多い人は回数が決められていないけれど金額の高いコースを選び、自分の毛の状態に合わせて通い続けたほうが最終的には金額が得だったということもあります。
回数が決められているコースは、回数を増やすともちろん金額が増えます。

最初は安くても回数を増やすと総額が以上に高くなってしまうというデメリットも理解しつつ、コースや回数も選択していく必要があると言えるでしょう。

医療全身脱毛にライトシェアデュエットを利用する場合の注意点

医療全身脱毛にライトシェアデュエットを利用する場合の注意点ですが、痛みが従来のレーザー脱毛よりも少ないとはいえ、完全に痛みを感じないということはありません。
痛みの感じ方にも個人差があり、痛みに弱い人だと通い続けられないこともありますので、カウンセリングはしっかりと受けることが必要になってきます。

ライトシェアデュエットなどのレーザー脱毛は黒い色に反応するように作られています。
よってほくろなどにも反応する場合があります。
ほくろに長時間レーザー照射すると、ヤケドしてしまう可能性もあるため、大きなほくろはシールなどで隠す必要があります。

これらのことは基本的には、施術をしてくれる人に任せておけば大丈夫です。
そのほかの注意点としては、金額がほかの施術方法よりも高額になりやすいという点です。
金額を払いきれないから通い続けられないなどとなっては元も子もありませんので、必ず施術を受ける前に総額や支払額などに納得してから始めるようにしましょう。